防水改修工事のケーススタディ 

地球環境に優しい屋上緑化材・防水材・防食材、ビッグサンのお問い合わせは、06−6909−6755へお問い合わせください。

アスファルト防水・ウレタン防水・FRP防水などから、ビッグサン各工法への改修工事事例の紹介

大日化成株式会社 HOME 商品紹介 ダウンロード 会社案内 資料請求 見積依頼
HOME > 商品紹介 > ケーススタディ > 安全性が高く日本水道協会の規格JWWA K143適合が必須であったケース

どのように改修したらよいかお悩みではありませんか?

安全性が高く日本水道協会の規格JWWA K143適合が必須であったケース

施工箇所 既存下地 現場条件 検討仕様 採用工法
受水槽 防水
モルタル
JWWA K 143に適合した材料であること
臭気が極力少ないもの
FRP防水
無溶剤型エポキシ
アクアエポ
J−2工法

 

 

大阪府内共同住宅受水槽の場合。

 

 

 

大阪府内の共同住宅受水槽改修工事の案件にて、住民が生活する中での工事となるため、極力臭気が少ないものが、第一条件でした。

 

住宅の受水槽ということもあり、日本水道協会の規格JWWA K143に適合した材料であることが必須で、数ある、土木用防水材の中から、水系エポキシライニング材「スカイレジンアクアエポシステムJ−2工法」が採用されました。

 

 

 

アクアエポシステムは他社にあるような無溶剤型エポキシライニング材と違い、水分散型エポキシ樹脂を使用しているため臭気も少なく、安全な作業が可能で、湿潤接着性にも優れておりご採用くださいました。

 

 

 

 

1. 日本水道協会の規格JWWA K143に適合。

2.住民が生活する中での工事になるので、臭気が極力無いものが必須。

3.層の中での作業となるので、作業者への安全性が高いものが必須。

 

この物件で採用頂きました、アクアエポシステムの詳細はコチラ

 

(C) 2007 屋上緑化 防水材 DAINICHI CHEMICAL CO.,LTD. 
ホームページ制作管理・株式会社アルトスター