大日化成は環境に優しい屋上緑化資材・防水材メーカーのパイオニアです

地球環境に優しい屋上緑化材・防水材・防食材、ビッグサンのお問い合わせは、06−6909−6755へお問い合わせください。

大日化成株式会社|地球温暖化防止|屋上緑化|壁面緑化|防水材|防食材

大日化成株式会社 HOME 商品紹介 ダウンロード 会社案内 資料請求 見積依頼
HOME > 防水の話題 > 低気温でも即効性があり、真冬でも工事がはかどる 冬用 ビッグサン!

今月の注目防水工法

寒い冬でも工事がはかどる

低気温でも即硬性があり、真冬でも工事がはかどる
冬用 ビッグサン!

2014年の冬から2015年の春先までテスト販売を行い、各地のビッグサンユーザーの皆様からご好評を頂いた、ビッグサン建築用防水材(冬用)「ビッグサンコートSC−800・ビッグサンコートR−800」(以下、冬用ビッグサン)が2015年11月より正式に販売開始となりました。

 

冬用ビッグサンはアクリル酸エステル系樹脂を主成分とし、従来のビッグサンの作業性はそのままに低温時の硬化乾燥性が飛躍的に向上しています。このため低温時の材料塗布間隔の時間が大幅に短縮でき、工期の短縮がはかれます。

 

また、昨年実際に冬用ビッグサンを試して頂いたユーザーの皆様から材料の配合比がわかりやすく、使いやすくなった!と多数お声をいただいております。

 

冬用ビッグサンは、液材(SC−800)も粉材(R−800)も同じ16s入り、材料の配合比が1:1となったため、少量での材料混合の場合も配合がわかりやすくなっております。 そして冬用ビッグサンと併せて使用していただきたい製品が、速硬型軽量プレミックスモルタル「BSラピタル・エース」です。

 

現場で、さあ防水施工を始めるぞという段になり、下地のコンクリートやモルタルに欠損や不陸が見つかり困ったご経験はございませんか? 特に冬場の気温が低い時期は不陸調整や欠損補修で使用するモルタル等もなかなか硬化が進みません。

 

モルタルの乾燥硬化待ちで思わぬ時間を取られ、結局その日は防水施工出来ずに翌日に作業を持ち越し・・・といったご経験はございませんか? そんな時にお試しいただきたい製品が「BSラピタル・エース」です。                     

 

「BSラピタル・エース」は、作業性を重視して開発した薄塗りから厚塗りまで対応可能な速硬型軽量プレミックスモルタルです。

 

その主な特長は

(1)速硬型のため短時間での仕上げが可能!
(2)薄塗り用途(0.5〜2o)から厚塗り用途(3〜30o)まで幅広い用途での施工が可能(3)軽量タイプのため天井面への施工も可能!

 

ということで、この「BSラピタル・エース」を使用すれば、例えば午前中に欠損部や不陸の処理を行い、昼休憩の間に乾燥硬化させ、午後から防水の施工にかかるという事も不可能ではありません。

 

冬場の塗膜防水工事や下地補修は乾燥硬化に時間がかかるからと敬遠されていた施工業者の皆様、今年の冬は是非 「冬用ビッグサン」と 「BSラピタル・エース」を一度使ってみてください! きっと施工性にご満足いただけると思います。

従来品(BS100)と冬用ビッグサン(BS800)の乾燥硬化時間比較試験
・下地:300×300×3mmの舗道板+プライマー#100
・半面ずつ100を1.0 kg/m2、800を0.8 kg/m2下塗り
・5、10、20℃の恒温器内養生で硬化時間を比較
・硬化は爪で掘れなくなった時点を硬化とする。

本試験結果は、弊社において細心の注意を払って実施した試験結果でありますが、あくまでも特定条件下で得られた参考データであり、本製品の性能を保証するものでは御座いません。実際のご使用に際しては、使用方法や条件の相違等を十分に配慮した上でご検討下さい。

 

BSラピタルエース はこちら

 

(C) 2007 屋上緑化 防水材 DAINICHI CHEMICAL CO.,LTD. 
ホームページ制作管理・株式会社アルトスター