大日化成は環境に優しい屋上緑化資材・防水材メーカーのパイオニアです

地球環境に優しい屋上緑化材・防水材・防食材、ビッグサンのお問い合わせは、06−6909−6755へお問い合わせください。

大日化成株式会社|地球温暖化防止|屋上緑化|壁面緑化|防水材|防食材

大日化成株式会社 HOME 商品紹介 ダウンロード 会社案内 資料請求 見積依頼
HOME > 防水の話題 > 水系ウレタン樹脂主成分の透明外壁防水材 スカイコートW

今月の注目防水工法

スカイコートW

スカイコートWの事例

外壁用透明防水材【スカイコートW】が、オススメであるということは機会ある度にお伝えしておりますが、その実例を今回はご紹介したいと思います。

 

某県某市の会社事務所の建物。

 

建築後20年程度で外壁は当時主流だったタイル張り仕上げ。施工時にトップ面には表面保護の目的でクリア塗装されています。

屋上は陸屋根でビッグサンにて防水施工をおこなっています。この建物には弊社製品をご使用いただいている、A防水工事店様が建築の主に防水関連の管理をされてきました。建築後15年で屋上の防水も弊社の通気緩衝工法 RX工法をご採用頂いております。

 

そう言った中、施主さまよりA施工店へ室内に水が漏れる。という連絡があり現場を見に行ったところ、屋根からではなくどうも壁伝いに水が浸入していることが判ったのですが、壁面はタイル張りなので、メジでは無いかと言うことになり、コーキングが老朽化してきているので裂けたり割れたりして浸水していると思われました。

 

そこでメジのコーキングをはがして打ち直す工事を行ったのですが、数日後雨が降ったら再び漏水が・・・。

そういうときに偶然、施工店様へ当社営業マンがいったところ、

実はこういうことがあり、面で抑えるしかないと思う。どこかそう言う壁面の防水材無い?とご質問。

たまたまスカイコートWのご紹介に営業に伺ったので、ここぞとばかり商品のご説明をさせていただいたところ、渡りに船と言うことで必要量のオーダーを頂きました。

 

スカイコートWはなにより透明であるので壁面に貼られたタイルという意匠を害しません。透明というだけで有れば、クリア塗装でも可能です。ウレタン・セラミック・アクリルetc色々な塗料が販売されています。

しかし、根本的にスカイコートWと違うのは、スカイコートWは「防水材」と言う事です。そして今回その「防水目的」にてご採用頂きました。施工の後、透明ですのでタイル張りの意匠を害しません。

 

施工後数日して雨が降りました。しかし、水の浸入(漏水)はありませんでした。そして数日後にまた雨が降りましたが、同じ様に漏水せず。

 

タイル面のメジではなく、どこかタイルが傷んで割れていたのかもしれません。線ではなく防水材にて面で被ったために漏水が止まったのです。もちろん施主さまは大喜びです。

 

スカイコートWはこれだけではありません。防水材でありながら伸びるのです。これも塗装と違うところ。塗装の伸びなど微々たるものでほとんど伸びはありません。しかしスカイコートWはこちらの スカイコートW 硬化塗膜 に示すように、驚異的な伸びがあります。

動画でもご覧頂けます。

 

 

この伸びが意味するのは、建物は常に振動している。ということです。

道路を走る車の振動、風でも微妙に揺れますし、なにより建物そのものが揺れるように作られています。ところがタイルは硬いもの。いくらコーキングでメジを打ってエキスパンション的な働きを持たせたとしても限界が有ります。

スカイコートWがもし伸び方向に破断するとなれば、その前に建物が崩壊してしまうくらいの揺れになります。

 

伸びて・透明な防水材。スカイコートW。

 

ぜひ一度、弊社営業部までお問い合わせ下さい。
スカイコートW製品ページはこちら

 

(C) 2007 屋上緑化 防水材 DAINICHI CHEMICAL CO.,LTD. 
ホームページ制作管理・株式会社アルトスター