スカイシールF-2は、ポリブタジエンを主成分とする弾性シール材、優れた接着性、復元性、耐水性、耐久性を示します。 地球環境に優しい屋上緑化材・防水材・防食材、ビッグサンのお問い合わせは、06−6909−6755へお問い合わせください。

大日化成株式会社|地球温暖化防止|屋上緑化|壁面緑化|防水材|防食材

大日化成株式会社 HOME 商品紹介 ダウンロード 会社案内 資料請求 見積依頼
HOME > 商品紹介 > スカイシール F-2 : 商品特長

スカイシール F-1

ポリブタジエン系弾性シール材

商品特長

商品特長

スカイシール 『F-2』 について

スカイシールF-2は、ポリブタジエンを主成分とする弾性シール材であり、硬化後は極めて柔軟性のあるゴム弾性体となります。従来のポリブタジエン系では成しえなかったノンサグタイプですので、縦目地や勾配箇所でも流動せずに施工することができます。

スカイシールF-2の特長

1.垂直目地にも施工できるポリブタジエン系弾性シール材です

2.適切なプライマーの使用により、優れた接着性を発揮します。

3.伸び、追従性が良好です。

4.耐水性に優れ、防錆効果を発揮します。

5.復元性、耐疲労性に優れています。

6.耐熱性、耐久性、耐候性に優れています。

7.低温時においても弾性を有し、優れた低温特性を発揮します。

垂れないから傾斜や垂直面でも施工が可能です。

使用方法

  1. 下地処理:下地表面のゴミ、埃、油分などは接着を妨げるため、ワイヤーブラシや脱脂等で除去し、丁寧にケレン・清掃を行う。湿潤している場合は乾燥させておく。
  2. バックアップ材の装てん:三面接着を防ぐため、バックアップ材や離形テープ等を目地サイズに合わせて調整し装てんする。
  3. プライマー塗布:接着面にハケで塗りむらのないように均一に塗布し、乾燥硬化させる。(プライマーU 塗布量目安 0.1〜0.2kg/u)
  4. 材料調合 :主剤に硬化剤を添加し、攪拌機等で前攪拌した後、添加剤を加え、念入りに均一になるまで攪拌機等で撹拌する。
    (主剤に添加する硬化剤・添加剤は必ず全量添加してください。また、攪拌時間は1分程度を目安に全体が混ざるようにしてください。)
    (混合後、20分経過あたりから充填に適した粘度になっていきます。)
  5. 充 填 :目地の深部までいきわたるように十分加圧し、均一に充填する。
    (混合後の可使時間 約60分)(目地幅・深さによって充填回数を変更してください。)
  6. 仕上げ :目地内にすきまのないよう押さえを十分に行ない、表面を平滑に仕上げる。
  7. 養 生 :養生中は雨等、水の影響を受けないように養生する。(硬化時間 24時間以上)

既存目地材を撤去し、ワイヤブラシ等でゴミ・埃を除去清掃を行う。

 

養生テープにてシール塗布部の際を養生する。 (写真では研磨ブラシで塗布面の下地調整も行った)

 

軟質ウレタン材等を遊間部に挿入。シール深さが一定になるように位置を決定し固定する。

コンクリート面等付着面にプライマーUを原液にて塗布する。
(塗布量 0.1〜0.2kg/u 目安)

 

混合撹拌したスカイシールF-2をゴムベラにて目地に充填。ヘラにて平滑に仕上げる。

 

スカイシールF-2充填施工完了。

 

注意事項

  1. 主剤・硬化剤・添加剤は、セット単位で混合撹拌してください。
  2. 混合撹拌は念入りに行ってください。特に缶の底、隅には注意してください。
  3. 混合撹拌が不十分の場合は、部分的な物性の低下や未硬化の原因となります。
  4. 材料に溶剤等を添加しないでください。特にアルコール系の溶剤が混入した場合には硬化しない等の異常が発生します。 被着体の清掃などに使用する溶剤にも注意してください。同様の溶剤を使用するとプライマーが剥がれる等の現象が発生する場合があります。
  5. 経年によりシール材の表面が外観上グレー色に変色する場合がありますが、物性には問題ありません。
  6. 被着体との接着には必ずプライマーUを用いてください。用いない場合は、十分な接着力が得られません。 専用プライマー :商品名 「プライマーU」 荷姿 300g缶 又は800g缶  標準塗布量 0.1〜0.2kg/m2
  7. 被着体にタールエポキシ等のエポキシ系の塗材が塗布されている場合は、含まれるアミン等と反応するため、完全に硬化しているのを確認してから 施工を行ってください。硬化が不十分な場合、プライマーとの界面で剥離する場合があります。
  8. 施工中、完全硬化までに、降雨にさらされると、硬化不良となるため、雨養生をお願いします。
  9. スカイシールF-2は、危険物に相当しますので、火気厳禁で使用してください。
    主 剤 :第4類第3石油類非水溶性液体  
    硬化剤 :第4類第4石油類非水溶性液体  
    添加剤 :第4類第3石油水溶性液体 
    (プライマーU:第4類第1石油類非水溶性液体) 
  10. 材料は、直射日光、火気、湿気・水を避け保管してください。
  11. 目、皮膚に直接触れないようにしてください。状況に応じて保護メガネ、保護手袋を着用してください。取扱い後は手洗い、うがいを十分に行なってください。
  12. 目に入った場合は、多量の水で洗浄し、直ちに医師の診断を受けてください。皮膚に付着した場合は、すぐにふき取り石鹸で洗い、炎症かゆみが出た 場合は、直ちに医師の診断を受けてください。 
  13. 廃棄等は、産業廃棄物として処理してください。
  14. 掲載内容の一部が予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。
(C) 2007 屋上緑化 防水材 DAINICHI CHEMICAL CO.,LTD. 
ホームページ制作管理・株式会社アルトスター