セダム多品種緑化として画期的な緑化資材VUS500。多品種根栽(セダムなど)の植物紹介

地球環境に優しい屋上緑化材・防水材・防食材、ビッグサンのお問い合わせは、06−6909−6755へお問い合わせください。

屋上緑化|セダム|地球温暖化防止|ヒートアイランド現象緩和|屋上緑化システム|壁面緑化|ベジルーフユニットシステム

大日化成株式会社 HOME 商品紹介 ダウンロード 会社案内 資料請求 見積依頼
HOME > 商品紹介> VUS500  > V・U・S : セダム類 植物紹介

屋上緑化システムの決定版「VUS500」

 

軽くて、安全。空間と緑のコラボレーション。
屋上緑化を手軽に実現!


屋上緑化の総合サイト
                    緑化スタイル

植物紹介


セダム類・植物紹介

屋上緑化システム・VUS5OO に標準での植生種と色どり品種セダム類のご紹介です。

VUS500には標準で、セダム他品種緑化として5種が混載されています。

植物名 タイトゴメ メキシコマンネングサ ツルマンネングサ シロハナマンネングサ パリダムバシ
ニコム
コーラルカーペット
特徴 強健で冬季紅葉種あり
塩害に強い。
放任すると下葉が消滅。
強健で常緑
病気に強い
湿潤環境に弱い
春先の新緑がきれい
成長力が旺盛
病害虫に弱い
強健で枯死しにくい
衰退性が低い
薄層土では生育が遅い
エメラルド色の鮮緑色
春の色彩がきれい
暑さ・蒸れに弱い
強健で寒さに強い。冬季紅葉する。 肥料が少ないと紅葉する ゆっくり確実に繁茂する。
花色 黄色 黄色 黄色 白色 白色 白色
開花期※ 5〜6月 5〜6月 5〜6月 まれに開花5〜6月 5〜6月 5〜6月
生育開始※ 3月頃 5月頃 5月頃 3〜4月頃 3〜4月頃 4月頃
草姿※ 地這・立ち性群生、茎・葉は地這状となり株はカーペット状に繁茂 立ち性群生、茎・葉は直立し、株はコロニー状に繁茂。 地這群生、茎・葉は地這状となり、株はカーペット状に繁茂。 地這・立ち性群生、茎・葉は地這状となり、株はカーペット状に繁茂。 地這・立ち性群生、茎・葉は地這状となり、株はカーペット状に繁茂。 立ち性群生、茎・葉は垂れ下がり状となり株状に繁茂
落葉性※ なし なし あり なし なし なし
葉色※ 黄緑 濃緑 春:青緑、冬:紅葉 6月から11月:緑
冬季:紅葉
耐寒※
(−5℃以下可能)

(−5℃以下可能)

(−5℃以下可能)

(−5℃以下可能)

(−5℃以下可能)

(−5℃程度)
耐暑※
(+40℃以上可能)

(+40℃以上可能)

(+40℃以上可能)

(+40℃以上可能)

(+30℃程度)

(+40℃程度)
耐蒸れ※
耐乾※
耐湿※ 中〜強
病害虫 ウドン粉病
ヨトウムシ

ヨトウムシ
アブラムシ、ハダニ
ヨトウムシ
衰退性 秋期に茎が枯れ枝状となり木質化し離れる場合がある。
施肥管理をすることにより防ぐことができる
富栄養土・厚土厚でなければ2年以上継続難しい。根部温度変化に弱い。 強健だが水切れに弱い。富栄養土が理想、貧栄養土では生育が著しく低下する。 群落が形成できれば、長期緑化可能。土厚により生育が左右される。施肥での生育拡大は少ない。 群落が形成できれば、3年は可能。高温・蒸れに極端に弱い。
秋期に茎が枯れ枝状となる場合がある。 施肥管理で葉色を管理する

※印は環境により変化いたします。

セダム類の写真

タイトゴメ(日本在来種)

 

セダム類植物 タイトゴメ セダム類植物 タイトゴメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩水・乾燥に強い。早春の成長が早い。

ツルマンネングサ(日本在来種)

 

セダム類植物 ツルマンネングサ セダム類植物 ツルマンネングサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セダム類植物 ツルマンネングサ

 

名の通りツル状に地面を覆い成長する。
セダム類の中では、草丈の生長量が大きく、カーペット状の景観を作ることが出来る。
古来に漢方薬・食用として伝来したとも言われ、薬用ともなる。 耐暑性・耐乾燥性は強い。
耐病害虫性は劣る。
冬季は、落葉し新芽で越冬するが、温暖地方では右写真の様な形で緑色を残した状態となる。

 

 

メキシコマンネングサ(西洋種 帰化植物)

 

セダム類植物 メキシコマンネングサセダム類植物 メキシコマンネングサ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セダム類植物 メキシコマンネングサ セダム緑化の代表種 耐寒性・耐暑性・耐乾燥性に強く、冬季においても緑色〜赤褐色となり景観を維持する。

 

早春の成長も早く、立ち性株状となり、シュークリーム状に成長する。

 

病害虫に強く、省管理用品種の代表である。

 

 

 

白花マンネングサ(ヨーロッパ種)

 

白花マンネングサ  白花マンネングサ

・アルブム種の代表品種
・春〜秋期に緑色の米粒葉が枝状に広がる。
・冬季も緑葉を維持するが、厳寒期には紅葉する場合がある。
・セダムの中では珍しい白色の花を付けるが、日本の気候では開花は少ない。
・成長が遅く、緑被するのに時間がかかるが、枯死は少なく、緑化常態の維持に適する。
・夏期の高温に耐えるが40度付近が限界、冬季の低温には強く-5℃程度は問題なく生育する。

パリダムバシニコム(ヨーロッパ種)

 

パリダムバシニコム   パリダムバシニコム

 

・同系列種ヒスパニカムに比べ小型種、品種は異なる。
・春〜秋期はエメラルド色の細かい葉が放射状に広がる。冬季は紅葉し、緑赤色となる
・セダムの中では珍しい白色の花を付け、メキシコマンネングサ、タイトゴメなどの立ち生種の間を埋めるグランドカバーに利用できる。
・春期成長が早く、他品種に先立ちカーペット状に繁茂する。 ・夏期の蒸れに弱く、立ち性種と混植すると生育が良い。
・冬季の低温には強く-5℃程度は問題なく生育する。

コーラルカーペット(ヨーロッパ種)

 

コーラルカーペット   コーラルカーペット

 

・アルブム種の小型代表品種
・春〜秋期は緑色の小米粒葉が枝状に広がる。
・冬季は紅葉し、濃赤褐色となり、景観が生える。
・セダムの中では珍しい白色の花を付けるが、日本の気候では開花は少ない。
・成長が遅く、緑被するのに時間がかかる。
・夏期の高温に耐えるが40度付近が限界、冬季の低温には強く-5℃程度は問題なく生育する。

 

屋上緑化 はについてのお問い合わせはここをクリックしてメールフォームをご利用いただくか、お電話でお願いいたします。

<strong>屋上緑化</strong> はについてのお問い合わせはここをクリックしてメールフォームをご利用いただくか、お電話でお願いいたします。
(C) 2007 屋上緑化 防水材 DAINICHI CHEMICAL CO.,LTD. 
ホームページ制作管理・株式会社アルトスター