大日化成は環境に優しい屋上緑化資材・防水材メーカーのパイオニアです

地球環境に優しい屋上緑化材・防水材・防食材、ビッグサンのお問い合わせは、06−6909−6755へお問い合わせください。

大日化成株式会社|地球温暖化防止|屋上緑化|壁面緑化|防水材|防食材

大日化成株式会社 HOME 商品紹介 ダウンロード 会社案内 資料請求 見積依頼
HOME > 防水の話題 > 30年経過してもなお性能を維持し続けていた「スカイシールF−1」

今月の注目防水工法

30年経過してもなお性能を
維持し続けていた
「スカイシールF−1」

ポリブタジエンを主成分とする二成分型弾性シール材

ポリブタジエンを主成分とする、二成分型弾性シール材「スカイシールF−1」は、優れた接着性、復元性、耐水性、耐久性をもつために、高速道路や橋梁などのエキスパンジョイントの止水材として、1986年の販売開始から多数の採用をいただいております。

販売開始から30年経過した、高速道路架橋部のフィンガージョイント(伸縮装置)の交換工事がおこなわれ、取り外されたエキスパンションに充填されていた、設置後30年経過した、硬化体を入手することが出来、経年劣化を確認すべく物性試験をおこないました。


写真:30年経過したエキスパンジョイントから取り出したスカイシールF−1

 

試験項目

・硬度 JIS K 7312準拠
・比重 JIS K 6350-1976準拠
・H型引張試験(表面、内部) JIS A 5758準拠
(最大引張応力、50%引張応力、破断時の伸び、破断状況)
・50%圧縮応力 JIS K 6767準拠

※温度23±2℃、湿度50±10%R.H.の条件を示す。

 

試験体

取り出したブロックの一部から、25×25×100mm(H型引張試験)とΦ50o×30oの円柱(50%圧縮応力)状にカッターで切り出し使用しました。


内部の表面劣化していない箇所をカッターナイフで切断し抽出


25×25×100mm(H型引張試験)      Φ50o×30oの円柱(50%圧縮応力)

 

試験方法

1.硬度
切り出したΦ50o×30oの円柱を試験体とし、JIS K 7312準拠した方法

2.比重
10×10×10oに切り出した物を試験体とし、JIS K 6350-1976準拠した方法

3.H型引張試験

暴露された部分の一番劣化の激しい部分が残る様に、25×25×100mmの四角柱を切り出した。また、内部の暴露されていない部分からも同様のサイズを切り出して、黒皮鉄板(80×100×2mm)にボンドMOS 8 を使って接着し、24時間養生した物を試験体とし、 JIS A 5758準拠した方法で試験

4.50%圧縮試験

1.で使用した試験体を使用して、JIS K 6767準拠した方法で試験

 

試験状況

引張試験


 

圧縮試験

 

試験結果

 

試験項目 規格 30年経過 直近10ロット平均
表面劣化部 躯体内部 10ロット平均 最少 最大
比重 1.1 ±0.2 1.1 1.1 1.1 1.1 1.1
最大引張応力(kn/u) 80以上 146 146 305 205 445
伸び率(%) 600以上 762 841 981 848 1161
50%圧縮応力(kn/u) 70±50 26 45 35 57
硬度(アスカーC) 8±5 4 5 4 7

※30年以上前の検査記録が残っておらず、近々10ロットの製品検査値を比較としました

 

表からもお判りいただけるように、30年間高速道路のエキスパンジョイントに埋設され、年間を通じての温度変化や雨による暴露においても、直近生産の10ロット平均値には劣るものの、基準値には合格するものとなっています。

 

取り替えの際での目視でも、亀裂や剥がれもなく、漏水も無かったと言うことです。

 

30年経過しても伸び率が760%を誇っていたことが実証されたものとなっております。

 

スカイシールF-1の特徴である

1.抜群の接着性
2.復元性に優れ、耐疲労性が良好
3.伸びが大きく、追従性が良好
4.低モジュラスタイプでしかも耐震性に優れています
5.耐水性に優れ、防錆効果を発揮します
6.優れた耐熱性、耐久性、耐候性
7.優れた低温特性
8.優れた作業性

 

これらを、模擬試験ではなく、実際の高速道路で30年間雨風にさらされ、使用されてきたにもかかわらず、これだけの性能を維持し続けてきたスカイシールF−1。

 

エキスパンジョイント(伸縮目地)には、無くてはならない製品としてお判りいただけたかと思います。

 

スカイシールF−1については、こちらをごらん下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://www.dainichikasei.co.jp/product/skyseal.html

 

また、販売開始後まだ年月は経っておりませんが、おなじくポリブタジエンを主成分とした、垂れない(ノンサグタイプ)スカイシールF−2も同程度の性能が期待されます。

ノンサグタイプである事から、垂直面にも使用可能と、用途が広がっておりますので、
F−1ともども、採用をご検討ください。

 

スカイシールF−2については、こちらをごらん下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://www.dainichikasei.co.jp/product/f2/

 

スカイシールF−1の驚異の伸び率についてはこちらの動画もごらん下さい。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://www.dainichikasei.co.jp/movie/f1.html

 

 

ご不明な点は、弊社営業部までお問い合わせ下さい。

(C) 2007 屋上緑化 防水材 DAINICHI CHEMICAL CO.,LTD. 
ホームページ制作管理・株式会社アルトスター