高度浄水処理施設用防水材 地球環境に優しい屋上緑化材・防水材・防食材、ビッグサンのお問い合わせは、06−6909−6755へお問い合わせください。

大日化成株式会社|地球温暖化防止|屋上緑化|壁面緑化|防水材|防食材

大日化成株式会社 HOME 商品紹介 ダウンロード 会社案内 資料請求 見積依頼
HOME > 商品紹介 > BIG SUN(UGA工法) : 商品特長

ビッグサン UGA工法

ポリマーセメント系で厚生労働省令第5号浸出試験に適合した業界トップの防水材
高度浄水下水処理施設で使用可能な防水材

商品特長

15年以上の実績と信頼をもつビッグサンUGA工法が新しくできた「厚生労働省令第5号浸出試験」に適合し耐オゾン性がより向上しました。

高度浄水処理と高度下水処理について

オゾンや活性炭を使ってカビ臭を取り除くのが高度浄水処理。
大阪府村野階層式浄水場
【大阪府村野階層式浄水場】

従来の浄水処理では、カビ臭物質のほか、カルキ臭のもとになるアンモニア性窒素、トリハロメタンおよびその前駆物質などは除去することができません。

高度浄水処理はオゾンの持つ強力な酸化力で
これら有害物質を分解し、
さらに活性炭層で吸着させる方法です。

都市部の河川はますます水質悪化の傾向にあり、まさに安全で美味しい水をつくるための、これからの浄水処理方法です。


おいしい水づくりは各自治体で積極的に展開されており、それを実現できるのが、高度浄水処理です。従来、オゾン接触池等は有機系の防水材では劣化がはげしく使用出来ず、やむなくコンクリート厚を打ち増して 対処するという工法を採用するしかありませんでした。

そこでおいしい水づくりのお手伝いとして、耐オゾン性を有する安心で安全なポリマーセメント系塗膜防水材 (エマルション系)をいち早く完成したのが大日化成のビッグサンUGA工法です。

15年以上、耐オゾン性として厚生省令第15号にも適合し使われてきた実績に加え厚生労働省令第5号浸出試験に適合しました!

これから益々増えていく事が確実な、おいしい水。

日本の飲料水を支える「高度浄水処理」で健康や、環境にやさしいUGA工法です。

15年以上の実績と信頼 ビッグサン・UGA工法の特長

  • 耐オゾン性を有するポリマーセメント系塗膜防水材です。
  • 粒状活性炭による中性化と摩耗からコンクリート躯体を保護します。
  • 水系の材料で構成しているため、施工時に火災や中毒の心配が
    ありません。また人体に有害な物質を含んでいません。
  • 吹き付け機などを使用することにより、効率的な施工が可能です。

高度浄水処理の概要例

高度浄水処理の概要例

 


オゾンによる汚泥の分解を利用するのが高度下水処理。
従来の余剰汚泥をオゾン分解することにより、生物分解が容易になり、余剰汚泥の完全消滅が可能となります。余剰汚泥が発生しないことから、最終処分場が不要となるさまざまなメリットが生まれます。

耐酸性にも強いビッグサンUGA工法


下水処理場にも多数のご利用実績がございます。

 

詳しくは、大日化成 UGA工法担当
●大阪 野原(のはら) 06-6909-6755
●東京 甲木(かつき) 03-3436-3801
までご連絡ください。

 

メールでのお問い合わせはこちらから

(C) 2007 屋上緑化 防水材 DAINICHI CHEMICAL CO.,LTD. 
ホームページ制作管理・株式会社アルトスター