全国の自治体様からの見積もり依頼・お問い合わせランキング

地球環境に優しい屋上緑化材・防水材・防食材、ビッグサンのお問い合わせは、06−6909−6755へお問い合わせください。

大日化成株式会社|地球温暖化防止|屋上緑化|壁面緑化|防水材|防食材

大日化成株式会社 HOME 商品紹介 ダウンロード 会社案内 資料請求 見積依頼
HOME > 商品紹介 > 自治体様へ

自治体のみなさまにご要望の多い
大日化成製品のラインアップです。



お客様インタビュー


使用上のご注意


使用上のご注意

 

遮熱効果で室内温度を抑制できるSR工法
★NEW★
遮熱効果で室内温度を
抑制できる!ビッグサンクール・ド・ルーフ(スレート屋根)SR工法

商品特長

ビッグサン UGA工法

●エマルション系で厚生労働省令第5号浸出試験に適合した業界トップの防水材

耐オゾン性に優れた、水系防水材

おいしい水』が近年話題となっていますが、高度上水でのオゾン処理がなせる業ですが、そのオゾン処理槽で使用可能な、ビッグサンUGA工法。厚生労働省令第5号浸出試験にも合格。なにより水系防水工法ですので、安心して飲料水系にご利用いただけます。

また、下水処理槽でも広くご利用いただいております。

屋上緑化

●CO2削減目標25%達成へ貢献できる、もっとも手軽な手法【屋上緑化】

地球温暖化を止めることが現政権のマニュフェストとなり、チャレンジ25として国家プロジェクトとなりつつあります。手法としては色々とありますが、お手軽に初期投資も低く抑えることができ、かつ屋根下の室内温度を抑止できる方法として注目される「屋上緑化」

大日化成では、あらゆる緑化に対応すべく、様々なスタイルをご提案しています。

VUS500(ベジルーフユニットシステム)
エコルーファーマットエコルーファーシステム
シーズン花壇ユニット
モク芝マット
金属屋根緑化工法

クール・ド・ルーフ工法(折板屋根・スレート屋根の遮熱・防水工法)

●クール・ド・ルーフ(メタル屋根) MR工法は、遮熱効果により室内温度の上昇を抑制する金属屋根遮熱・防水工法です。

課題とする金属屋根下の温度上昇を抑止することができる画期的な工法です。

遮熱効果で室内温度を低くし、これまで室内冷房にかけていたコストを削減するとともに、
CO2削減に貢献することもできます。

●クール・ド・ルーフ(スレート屋根) SR工法は、遮熱効果により室内温度上昇を抑制するスレート屋根
防水工法です。

当社のポリマーセメント系塗膜防水材(ビッグサン)と遮熱塗料(トップUR)の技術による"劣化スレート屋根補修工法"です。防水材の表層に専用の水性遮熱塗料を組み合わせる事により、太陽光を反射してスレート屋根の温度上昇を抑え、屋内の温度を下げることができ、冷房にかかる電力消費量を削減できるうえ、大幅にCO2の排出量を抑えることが出来ます。

上下水道施設コンクリート構造物の防食工法 (アクアエポ・ファインエポ)

●人と自然に優しい水道用コンクリート防食システム・アクアエポシステム

スカイレジンアクアエポシステムは、上水道用施設のコンクリートを保護する防食システムです。

  • JWWA K143(2004)の品質規定および厚生労働省令第5号に適合しています。
  • アクアエポシステムの材料は全て水分散性の特性を有し、湿潤接着性に優れ、安全な施工が可能です。
  • 界面活性剤を含まない親水性ポリアミンを使用しているため従来の強制乳化型エポキシと比べて、耐水性・耐薬品性が向上しています。
  • 塗膜物性と耐薬品性が優れていますので長期間にわたりコンクリートを防食します。
  • 塗装硬化後は美しく光沢のある塗膜が得られます。
  • 素地調整材との接着性に優れていますので、膨れやアルカリ成分の溶出の心配がありません。

●下水道処理施設コンクリート防食工法・ファインエポシステム

下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル適合工法(平成19年7月版)

  • 耐薬品性、耐水性に優れています。
  • コンクリートとの密着性に優れています。
  • 無溶剤型エポキシ樹脂のため安全に作業ができます。
  • 硬化後の体積収縮がほとんどありません。
  • 下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル(平成19年7月版)に適合します。

建築用防水材ビッグサン

● 従来の有機溶剤系防水材とは異なり、人体や環境への影響が少ない、地球に優しい防水材料です。

ビッグサン複合防水材』は、エマルジョンを主成分とするポリマーセメント系塗膜防水材ですので、従来の有機溶剤系防水材とは異なり、 臭気、毒性の低減を図った環境に優しい防水材です。

また、構成材料であるビッグサンコートSC−100、ビッグサンパウダーR−100および、
プライマー#100、 ビッグサントップ、ビッグサントップAU・ASは、日本建築仕上材工業会の
F☆☆☆☆を取得し、さらに厚生労働省が濃度指針値を定めた有害化学物質は
配合していません。

ビッグサンコートSC−100、ビッグサンパウダーR-100は、塗膜防水材としてはじめてエコマークの認定を受けた環境にやさしい材料です。

お問い合わせは東京03-3436-3801大阪06-6909-6755 メールでのお問い合わせはここをクリックしてメールフォームをご利用下さい。

ビッグサン・防水関係の お問い合わせはここをクリックしてメールフォームをご利用いただくか、お電話でお願いいたします。

(C) 2007 屋上緑化 防水材 DAINICHI CHEMICAL CO.,LTD. 
ホームページ制作管理・株式会社アルトスター